外来案内
入院案内
健康診断
リハビリ
介護サービス
牛尾病院トップ > リハビリ > 言語聴覚療法

リハビリテーション:言語聴覚療法

<言語聴覚士とは>
 言語聴覚療法とは言葉の障害(失語症や言語発達遅滞等)、聞こえの障害(聴覚障害等)、声や発音の障害(音声障害や構音障害等)、食べる機能の障害(摂食・嚥下障害)等の障害に対して行うリハビリテーションです。
 主に脳卒中の後遺症・パーキンソン病・神経難病等による失語症や運動性構音障害をはじめとしたコミュニケーション障害、摂食嚥下障害の患者さんを対象としています。
 また、長期の寝たきりによる認知症・コミュニケーション能力の低下、摂食嚥下障害を生じている廃用症候群の患者さんも対象としております。言語聴覚士はこうした障害に対して機能の維持・向上のため検査・訓練を行います。
 患者さんだけでなく御家族への指導・助言も行っていきます。

 現在、入院患者様や通所施設(デイケア)の利用者様を中心としてサービスの提供を行っておりますが、一部外来患者様向けにもサービスの提供を行っております。
<具体的なサービス内容>
 失語症・構音障害のリハビリテーションとして、初めに鑑別検査を行い必要に応じて詳しく評価を実施していきます。
 評価結果を基に練習内容や代償手段の検討を行います。更に御家族、他スタッフへ有効なコミュニケーション方法の助言を提案しています。

 摂食嚥下障害のリハビリテーションも上記同様に簡易的な検査を行います。評価結果を基に訓練を行い、御家族や他スタッフへ食事形態や姿勢、安全な飲み込みの方法を指導・援助をしています。
 今年度から簡易的な検査に加え、摂食嚥下障害の評価の1つとして嚥下内視鏡検査(VE)が導入されます。